ロレックスの楽しいデイトジャスト一家~トーベヤンソンもROLEXも大好き~ – スーパーコピーブランド

ブライトリング スーパーコピー
ロレックス スーパーコピーの楽しいデイトジャスト一家~トーベヤンソンもROLEXも大好き~

ROLEXの人気モデルデイトジャスト その最大の魅力はやはりROLEX随一のデザインの多様性ではないでしょうか?
今回は定番から少し変わったモデルまでを紹介し、更に現在のROLEXの礎を担ったといっても過言ではないこのモデルを掘り下げて見ていきたいと思います。デイトジャストという一つのモデルからROLEXというブランドの真価を確認していきましょう。

1,186

0

ROLEX デイトジャストの魅力

ROLEXのドレス系のド定番、デイトジャスト。
ご存知の方がほとんどでしょうが、こちらはROLEXの3大機構
オイスターケース
デイトジャスト機構
日付の瞬時に変わるデイトジャスト機能 
これらが全て搭載されたモデルです。

因みに初出は1940年中ごろで、スーパーコピー時計に小窓で日付を表すというのは当時画期的な発明でした。
これまでのスーパーコピー時計の日付確認はポインターデイト(文字盤外周のメモリを指し示すもの)が主流だったため、その視認性の良さとデザイン性の高さは驚くべきものだったようです。

現在誰もが知るブランドとなったROLEXの正に基幹的なモデルと言えます。
この歴史だけでもデイトジャストに魅力を感じてしまいますが、何よりの魅力はそのデザイン種類の多さだと思います。

via item.rakuten.co.jp

先述のようにデイトジャストはROLEXの他のモデルよりも文字盤、インデックス、カラーが豊富ですジェイコブ コピー開催。
幾つかを以下に紹介していきたいと思います。

黒ピラミッド文字盤 ローマインデックス

via www.geocities.jp

文字盤に凹凸があり△ピラミッド状に見える文字盤です。
メンズ用は非常にレア。レディースでもまれに見る程度でしょうか?

シルバーモザイク文字盤/バーインデックスvia tokei-yokohama.jp

こちらはRef.16014のシルバーモザイク文字盤。
布地のようなきめ細やかさがアンティークROLEXにぴったりだと思います。
ゴールドモザイクも勿論存在します。

コンセントリック文字盤のツートンカラー(グレー/シルバー)/バーインデックスvia tokei-yokohama.jp

こちらはコンセントリック(同心円)文字盤の2カラーです。
グレー/シルバーの同系色バイカラーが非常に渋くておしゃれですね。
スーツにもよくなじむデザインではないでしょうか?

ブラックサンビーム文字盤/ローマインデックス

via www.daikokuya78.com

放射線状に溝が広がるため、実物はかなり光を反射してきらきら、むしろぎらぎらきます。
シルバーのローマ数字とベストマッチのデザインですね

デイトジャストは使いやすい!

さてここまでいくつかのロレックス スーパーコピーの中でも圧倒的な知名度を誇るスタンダードモデルデイトジャストを見てきました。 1945年に「オイスターケース」、「パーペチュアル機構」、さらにダイヤルの3時位置にデイト表示を備えた世界初の画期的なスーパーコピー時計として登場したことは上記のとおりです。

さらに説明を補足すると、1955年にデイト表示が瞬時に切り替わる「デイトジャスト機構」を搭載し、「ロレックス スーパーコピー3大発明」の全てが集約されたスーパーコピー時計となります。
今でこそデイトジャスト機能は当たり前のように搭載されていますが、デイト表示の初出から実に10年後の実装となっているわけです。

また今までの画像のように、ダイヤル、素材、サイズのバリエーションは、他のモデルと比べ数多く存在する上、両方向の回転ベゼルを搭載した特別仕様の「サンダーバード」や「ターノグラフ」といったモデルも存在します。

そしてレディース、ボーイズサイズの展開もありペアウォッチとしてや、個性を演出出来るモデルとして世界的に認知されていることから、ロレックス スーパーコピーの中で最も所有率が高いモデルであると言えます。

昨今、ROLEXと言えばスポーツ、サブマリーナ!と言った風潮が特にあまりスーパーコピー時計に詳しくない方には多い意見かもしれません。
しかし、みかたによってはオンオフ問わず使いこなせるドレス系の王道こそシンプルイズベストとも言えるのではないでしょうか。

では最後に筆者のデイトジャスト画像を見てもらシャネル コピーってお別れしたいと思います。

116200 ブラック文字盤/ローマインデックス

魔金太郎モデル!via www.gem-linejapan.com

その他デイトジャスト系のおすすめ記事はこちらから

自然界の素材を使用したロレックス スーパーコピーの文字盤を集めました。 – スーパーコピー WatchMonster|スーパーコピー時計情報メディア

【ROLEX】自分だけのを見つけてスーパーコピー時計好きになろう!Vol.⑧ – スーパーコピー WatchMonster|スーパーコピー時計情報メディア

ハリーウィンストン スーパーコピー

大人の時間に浸るアーバンナイトクルーズ OCEANUS Presents「夜ジャズ」スーパーコピー時計

IWC スーパーコピー
大人の時間に浸るアーバンナイトクルーズ OCEANUS Presents「夜ジャズ」

青木淳一
[/10/01]

rotateAsyncAd([‘wrap_textAd_a’, ‘wrap_tエルメス コピーextAd_b’, ‘wrap_textAd_c’, ‘wrap_textAd_d’]);

漆黒の波間に漂う都会の光。涼やかな潮風が、昼の日差しで熱を帯びた身体を冷ますように吹き抜けていく。デッキの揺れとシンクロするジャズの音色に身をまかせつつ、贅沢な大人の時間を遠慮なく愉しむ…。そんな、アーバンナイトクルーズパーティー「夜ジャズ PREMIUM CRUISE EDITION」が開催された。

夜風にはためくオシアナスフラッグ

イベントをバックアップするのは、カシオのウオッチ、フラッグシップブランドの「OCEANUS(オシアナス)」。晩夏の東京湾を彩った3時間のイベントは、まるでプロダクツイメージを具現化したかのような濃密なひとときだった。

極上の音楽、極上のナイトビュー

そもそも「夜ジャズ」とは、音楽プロデューサー、そしてDJとして活躍する須永辰緒氏が主催するインターネットラジオ番組だ。大人のためのフロア仕様のジャズ=”夜ジャズ”をセレクト、上質なジャズナンバーをブロードキャストしている。

彼いわく、今回のイベントはその「オフ会」とのこと。EGO-WRAPPIN’ / 高澤綾(tp)× 朝田拓馬(g)デュオによるライブパフォーマンスをはじめ、DJとして、須永辰緒 / 伊藤陽一郎/ 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)/ KTa☆brasil / MURO / DJ Niche と、そうそうたるアーティストをキャスティング。チケットは一般販売されたが、定員はなんと、わずか150名で販売開始後に即完売。相当な競争率だったに違いない。

停泊中のクルーザー「Celebrity II」。3層構造の船体が良く分かる

「Celebrity II」は、広いデッキスペースを確保できる双胴型クルーザーだ

乗船時間が近づくにつれ、参加者の列がこんなに長く!

夕空のレールを走るゆりかもめ

乗船時にはウェルカムシャンパンが振る舞われた

会場となったのは、3層構造の船体を持つクルーザー「Celebrity II」。1Fはビュッフェフロア、2FはDJ&ライブフロア、3Fは360度の夜景パノラマが堪能できる展望デッキとなっている。クルージングの所要時間は3時間。その間、お目当てのアーティストのパフォーマンスで盛り上がるもよし、ジャズの生演奏をBGMに美しい夜景に酔いしれるもよし、フィンガーフード&スイーツビュッフェを味わうもまたよし。タイムテーブルに強制されることなく、参加者それぞれが自分なりの嗜好と楽しみ方で、極上の時間を過ごすことができた。

クリックで拡大とスライドショー

薄暮の出港。海からの夕景も格別だ

お台場を代表する建物のシルエットが、鮮やかなグラデーションの中に浮かび上がる

海面がキラキラと鮮やかにきらめく

このシチュエーションで口説けば、成功率も80%は堅い!(…かもしれない)

乗船時のDJ&ライブフロア。このときはまだ室内が見渡せたが…

DJ Niche。もちろん、左腕の手首にはOCEANUSが

ビュッフェフロアのテーブルには、フィンガーフード&スイーツが並ぶ

船内に展示されていたOCEANUS。写真左が「OCW-T1000B」、写真中央が「OCW-S2400PG」、写真右が「OCW-T1000PG」

伊藤陽一郎氏の、ターンテーブルをねじ伏せるようなDJプレイ!

DJの熱いプレイに引き寄せられて、フロアにどんどん人が集まってくる!

ベイブリッジとビル群の灯りがきらめく。まさに、360度の夜景パノラマ!

この美しい夜景を見て、写真に撮れるだけでも、参加した価値がありそうだ

グリーンにライトアップされたベイブリッジの裏側

ベイブリッジの下を通過。みな一斉にカメラを取り出す

高澤綾(tp)× 朝田拓馬(g)デュオによるパノラマデッキでのライブ

多くのクルーザーや遊覧船が併走、あるいは通り過ぎていく

完成間もない東京ゲートブリッジの下を通過。あまりの大きさと美しさに、あちこちから溜息が

須永氏のバレンシアガ トートバッグコピー新作通販登場で、DJ&ライブフロアのボルテージは最高潮に!

須永辰緒氏は、?度目の誕生日を迎えたばかり。夜ジャズのロゴ入りケーキとファンからのバースデーソングに、須永氏も男泣き!

1Fのビュッフェフロア。正面のスクリーンで上映されているのは、OCEANUSのプレミアムライン「MANTA」のニューモデルとなる、「OCW-S2400」のPV

テーブルキャンドルも、もちろんオシアナスブルー!

本当にあっという間の3時間だった。乗船前は、海の上に3時間はさすがに長いのではないかと思っていたが、杞憂だった。船上から眺める東京湾の夜景は、月並みではあるが宝石箱のように美しく、ゆったりと流れる時間は日常を忘れさせるほどに芳醇だ。

これだけでも十分に楽しめるイベントだったが、アーティストたちによる音楽がさらなる豊かさと満足感を与えてくれたことは間違いない。加えて、クルーザーという隔離された空間であること、そして、まるでパーティールームのように狭いフロアが、キャストの面々と参加者の距離を一気に縮め、お気に入りのアーティストと一緒にカラオケに行ったような(笑)一体感を生み出していたことも、大きな魅力だったと思う。

来年もまた同様のイベントが企画されたら、ぜひ参加されてみてはいかがだろうか。ただし、チケットはかなりの争奪戦になること間違いなしだから、それなりの覚悟は必要だが…。

ハリーウィンストン コピー

ブランドは彼ら自身の店のために彼らの時計のより多くを保っています

最初の記念日のトゥールビヨンフルの最初の時計の創造を祝うはずだったが、第2のモデルは2003年に東京で開かれたブランドの最初のブティックの称賛です。また、2014年の世界中のブランドの10回目のブティックのオープニングをマークします。だから、たとえ2003-2014 11年、技術的には、2013年の末に行われました。コルムスーパーコピー10年と10フルブティックfのような小さなブティック・ブランドのために実際に多くあります。それは非常に限られた生産の1年につき1000の腕時計の下で独立した時計屋株にそれほど多くの小売店の場所を尋ねる公平な質問です。
短い答えは、f .フルの戦術の1つのグローバル戦略は彼からゆっくりと第三者の小売業者を削除するということです。まだいくつかの良い小売パートナーがある間、ブランドは彼ら自身の店のために彼らの時計のより多くを保っています。ロジェデュブイスーパーコピーそれをより多くのためにいくつかの時計になります。第1のfフルブティック東京にいる間に、2014年のごく最近のものベイルート、レバノンにおいてあります。それは実際にはなかったブランドはジュネーブで専用のブティックを持っていたことが2007年まで。

2017注目!!ストリートブランドの【コラボレーション特集】│ブランドコピーファッション情報

ゴヤール トートバッグ コピー
2017注目!!ストリートブランドの【コラボレーション特集】

www.dazeddigital.com

VETEMENTSを始め、Gosha Rubchinskiy、ANTI SOCIAL SOCIAL CLUB等、今勢いのあるストリートブランドがこぞってコラボレーションに力を入れています。17SSを中心に現段階で注目のコラボレーションをご紹介していきます。

3012
Point

お気に入り追加

ストリート
ゴーシャラブチンスキー
GOSHA RUBCHINSKIY
ANTI SOCIAL SOCIAL CLUB
antisocialsocialclub

Gosha Rubchinskiy(ゴーシャラブチンスキー)

www.vogue.com

ロシア人デザイナー発「Gosha Rubuchinskiy。今や飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が急上昇している大注目のストリートブランドです。初めにGosha Rubuchinskiyのコラボレーションをご紹介します。

「Gosha Rubchinskiy×FILA(フィラ)」のコラボ。FILAを全面に押し出したロゴフーディーは完売確実のアイテムです。

www.vogue.com

こちらはスポーツブランドのKappa(カッパ)とのコラボ。スポーツ×ストリートのMIXスタイルは今後も引き続きトレンドのスタイルブレゲ スーパーコピーです。

www.vogue.com

www.highsnobiety.com

こちらはコラボではないですがTommy Hilfiger(トミーフィルフィガー)からインスピレーションを得たTシャツです。

VETEMENTS(ヴェトモン)

www.vogue.com

ストリート界に旋風を巻き起こしている「VETEMENTS」。デザイナー「デムナヴァザリア」が2014年にスタートしたフランス発のブランドです。ビッグシルエットや袖長のブームの火付け役と言っても過言ではありません。またデムナヴァザリアはBALENCIAGA(バレンシアガ トートバッグ コピー)のデザイナーも兼任しており大注目の人物です。VETEMENTSからは、17春夏だけで計18ブランドとコラボレーションを行いました。その中から一部をご紹介。

「VETEMENTS×Champion」。トレンドの袖長シルエットの作り!!17年春夏オーバーサイズは引き続きトレンドです!!

www.vogue.com

Levis(リプラダ カナパ コピーーバイス)とのコラボレーションは、サイジング、シルエットの野暮ったさが逆に新鮮です。また、ベルトの長さも今期の注目ポイント!!

www.vogue.com

「VETEMENTS×Carhartt(カーハート )」。エプロンをイメージしたアイテムはコラボレーションならではのアイテムです。

www.vogue.com

「VETEMENTS×Reebok(リーボック)」。やはりスポーツMIXは旬のブランドの気分です。

www.fashion-press.net

Reebok大ヒットアイテムのポンプフューリー。ホワイトのボディに「I’m bored」「No future」等、VETEMENTSらしい表現がペイントされています。

www.eukicks.com

ANTISOCIALSOCIALCLUB

www.highsnobiety.com

昨年はMASTERMIND(マスターマインド)とのコラボレーションを行いLAと東京で限定POP UPを開催。突然の開催にも関わらず長蛇の列により瞬く間に完売となりました。17SSは、RSVPとのコラボレーションに成功。どちらもコアなファンが多くこちらも発売即完売し、現在は入手困難なレアアイテムになっています。ANTI SOCIAL SOCIAL CLUB(アンチソーシャルクラブ)の勢いは非常に強く、今後にも期待のブランドです。

www.highsnobiety.com

ANTI SOCIAL SOCIAL CLUBのブランドアイコンロゴにRSVPらしいキャッチーなカラーリングはまさにコラボレーションでしか実現しないデザインです。

www.highsnobiety.com

17-18秋冬「Supreme×Louis Vuitton」

nowfashion.com

17年最大のコラボレーションになりそうな「Supreme×Louis Vuitton(ルイヴィトン スーパーコピー)」。様々な媒体で取り上げられているコラボレーションですが、この2大ブランドは過去に因縁があり、今回のコラボレーションは「奇跡」に近いコラボレーションです。

旅行鞄から始まったLouis Vuittonのアイコン的存在の旅行鞄はインパクト大です!!

sneakernews.com

iphoneケースは完売必須アイテム!!予約で完売しそうですね。

www.vogue.com

サッカー元イングランド代表ベッカム氏の息子が「Louis Vuitton×Supreme」のBOXロゴを着用したpostは一気に拡散されました。

cruzbeckham

17-18秋冬「Sacai×THE NORTH FACE」

その他の注目コラボレーションとしては、Sacai(サカイ)×THE NORTH FACE(ノースフェイス)です。Sacaiだけでなく17-18AWは、色々なブランドがTHE NORTH FACEとコラボレーションしており数多く見られそうです。

www.wwdjapan.com

いかがでしたか?今期はコラボレーションの当たり年となりそうです。即完売しそうなアイテムばかりなので気になる方は是非前もってチェックしてみてください。

この記事をお気に入りに追加する
お気に入りリストを見る

EDITOR / TAKAHIRO

10年間アパレルブランドで勤務の後、LAにファッション留学。現在は、フリーのファッションバイヤーとファッションライターとして精力的に活動中。

Instagram ID:editor_takahiro
ロレックス スーパーコピー