トクコ?プルミエヴォル 2017-18年秋冬コレクション – おとぎの国に咲く、満開の花々に見とれて | ファッションプレス

シャネルJ12スーパーコピー
トクコプルミエヴォル 2017-18年秋冬コレクション – おとぎの国に咲く、満開の花々に見とれて

72
432

トクコプルミエヴォル(TOKUKO 1er Vol)の2017-18年秋冬コレクションが2017年3月23日(木)、東京渋谷ヒカリエで発表された。毎シーズン旅からのインスピレーションでテーマを設定する、デザイナーの前田徳子が選んだのは、中央ヨーロッパの国「チェコ」と「ポーランド」だ。

コレクションのテーマは「POLSKA」。中欧に漂う中世の息づかいが伝わって来る、表情豊かなワードローブは、楽しげなフォークソングをモデルたちが手をつなぎスキップから観衆の目を釘付けにしていく。

伸びやかでムーディな曲へと音楽が変わると、民族的な色彩とシルエットが特徴のドレスが登場。ブラックのブーツを幅広の赤リボンでレースアップすることで、ハードなアイテムをガーリーな印象へと昇華させている。

続いて現れるのは、ポーランドの小さな村ザリピエ(ZALIPIE)のザリピエ模様を施したアイテムの数々。村にあったという家々から漂う“おとぎの国”のような雰囲気そのままに、メルヘンな空気を落とし込んだ。

総柄や部分柄が目立つコレクションに変化を加えていたのが、ウォヴィチ(?OWICZ)の切り絵模様プリントと、トクコプルミエヴォルの別ライン「Ligne??J(リーニュ??ジェイ)」から登場した白黒のイメージドット。カラフルなアイテムが続く中、象徴的に色彩を変えていたこれらの2パターンがリズミカルにショーを盛り上げる。

圧巻だったのが、フィナーレを飾るお花いっぱいのドレスルック。プリーツとレース、立体的な花形のヘッドアクセサリーなど、もはやお花畑よりも花束よりもより“花”を感じるゴージャスなもので、観ている者それぞれの脳裏に焼きつく圧巻のラストを飾った。
ルイヴィトン スーパーコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です